成長 発達

 

 発達心理学とはどのような分野か 発達心理学を学ぶことで得られること 発達心理学の知識を生かせる資格・仕事とは

心理学は非常に沢山の分野がありますが、その中でも発達心理学という言葉を耳にした事はありますか?発達心理学とは、人が年齢を重ねる中で現れてくる変化を研究する心理学です。人間の一生での心と身体の成長、その発達の過程を心理学の理論をもとに研究する心理学の中の1つの分野です。動物から人間への進化や、生まれてから成熟していくまでの変化を研究し、その発達の段階における意味を明らかにします。この発達心理学を学ぶことで得ることが出来ることとは一体何なのでしょうか?また、発達心理学を学ぶことが役に立つ仕事にはどのようなものがあるのかをお話していきます。

発達心理学とはどのような分野か

メンタルヘルスコンディショニング講座:メインテキスト1<2章>:行動の発達

発達心理学とは、人間の一生における心と体の成長やその発達の過程を心理学の理論をベースとして研究する分野のひとつです。発達心理学という言葉を聞くと、子供の発達について学ぶものと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は幼児が成長して成人となり、そして老年齢になり死を迎えるまでの全ての時期においての成長や発達について研究します。発達心理学は、子供と関わる仕事で働く人や、小さな子どもを持つ母親以外の方にも広く役立つ学問であると言えます。

学ぶ内容は、嬉しい・悲しいなどの感情である情緒や、周りの人との関係性や関係の形成の仕方である社会性、身の回りの環境に自分がどのように関わるのか、また自分の考えへの理解・記憶などの認知、そして身体能力などの様々な要素が発達して変化していくことでどのような変化が起きていくかが挙げられます。

人間は、生まれてから赤ん坊の時期を過ごし、子どもになり、青年になり、成人になります。そして、中年になり、老人になり、最後には死を迎えて、この世での人生を終えるのです。この全ての時期での発達過程における心理を研究したものが、発達心理学です。

初めは、子どもが大人になるまでの発達過程についてが発達心理学の研究対象でした。発達心理学が人の一生を「生涯にわたり発達するプロセス」として捉え、老年齢を含めて研究対象とし始めたのは近年のことです。以前までは中高年は「衰退」の時期として捉えられていましたが、人格や知恵など身体以外の面では向上や成長がみられるという指摘が強くなって来ました。そうして人は人生を通じて柔軟に変わることができることが認識され、発達心理学は人を生涯発達するものとして捉えるようになったのです(下山晴彦(2012), 『面白いほどよくわかる!臨床心理学』, 西東社, p80)。

上述した生涯発達の視点を取り入れた発達理論として有名なのが、発達心理学者E・H・エリクソンの発達理論です。エリクソンの発達理論では、8つの発達段階が示されます。(1)乳児期に始まり (2)初期幼児期, (3)遊戯期, (4)学童期, (5)青年期, (6)成人前期, (7)成人期, (8)老年期が続きます。ここで、人間が人格を形成し社会的に順応するうえで各段階において達成すべき課題を「発達課題」と呼びます。発達課題が達成されれば次の段階へ成長しますが、達成できなかった時は心の問題が生じます。例えば(5)青年期の際の発達課題は「アイデンティティの確立」ですが、課題が達成できなかった場合は「アイデンティティの拡散」という心の問題が生じるとされています。また、(8)老年期においての発達課題は「統合性」で、達成できなかった場合の心の問題は「絶望」とされています(同上, p81)。

発達心理学とは、このような様々な年代の全ての発達や発育についてが研究範囲であるため、心理学の中でも非常にボリュームの多い分野なのです。

発達心理学を学ぶことで得られること

感情 子供 家 ソファ 犬

発達心理学とは、人間の成長や発達の過程を心理学の理論をもって研究する分野ですが、人がなぜそのような行動をとるのか、なぜそのような発言をするのか、といった今自分にある問題をどのようにすれば乗り越えられるのかということに対しての答えを導き出すことにも役立ちます。

性格や遺伝などのその人が元々持っている内面的な要因と、環境などの外面的な要因から考えることを通して、人の心の成長や発達について理解を深めることができます。それでは、発達心理学を学ぶことにより、どういったことができるようになるのでしょうか?発達心理学とは、人間の様々な行動はどのように起こるのかを研究する心理学ですので、発達心理学を学ぶことによって、人々が抱える心の問題を客観的に見ることができるようになります。

人間の心はどんどん変化をしていくものです。発達心理学を理解すれば、その人に対して客観的に見ることができるようになるため、あなた自身の心の問題や、身近な人の心の問題に対して、冷静に対処できるようにもなり、よりよい関係を築くことが出来るようになります。発達心理学を学習していれば、それぞれの時期で内面的な問題を抱える家族についても、どうしてそのような感情になるのか、どうしてそのような行動をとるのかなどが客観的に理解できるため支えとなることもできます。

発達心理学を学ぶことでご家庭において育児で悩む機会も減らすことができるでしょう。2013年の全国調査において、6歳以下の未就学児童を子に持つ親の育児の悩みTOP3は「つい、感情的に叱ってしまうことが多い(35.5%)」、「子どもが食事の好き嫌いが多い(24.1%)」、「叱り方がよく分からない(20.7%)」の3つだったという結果が出ています(参照:特定非営利活動法人 子育て学協会(2014), 幼児期の子育てに関する悩み調査 http://kosodategaku.jp/chousa-release/)。こうした悩みは、子どもがどうしてそのような行動をとるのか、その背景を学ぶことで対処方法を見つけやすくなります。

さらに、発達心理学を学ぶことは自分自身を理解することにも非常に役立ちます。自分自身の発達段階などを知ることで、自分の精神的な課題や悩みの原因、また自分自身が乗り越えるべき課題がどのようなものか、といったことを相対化し理解する助けになります。

発達心理学の知識を生かせる資格・仕事とは

学校 教室 教育
身近に居る家族や友人とよい関係を作れるようになるなど、非常に身近なことに活用できる内容を学ぶ発達心理学ですが、実際に発達心理学で学んだことを活用することができる資格や仕事にはどのようなものがあるのでしょうか?

有名なものとしてあげられるのが、臨床発達心理士です。臨床発達心理士とは、一般社団法人臨床発達心理士認定運営機構が認定する民間資格で、発達心理学をベースにして発達的な観点を持って業務を行います(参照:臨床発達心理士とは | 臨床発達心理士認定運営機構  https://www.jocdp.jp/about/summary/)。臨床発達心理士の具体的な仕事内容としては、発達に関係する問題を心理テストや面接、行動の観察などを行うことで分析、判断し、具体的に支援していきます。子供だけではなく、大人まで年齢は問わずに生涯を通して支援していきます。支援する内容としては育児に関しての不安や悩み、虐待、いじめ、不登校、引きこもりなどの現代的な問題、自閉症や知的障害、学習障害や注意欠陥他動性障害などの発達障害、社会適応や老年期の様々な問題などがあげられます。

また支援する人のそれぞれの生活環境に合わせて、様々な仕事場があります。乳幼児期であれば保健所や保育所、幼稚園や児童相談所など、小学校から高校生の場合には特殊学校や養護学校、学童保育など、成人から老年期であれば障害者施設や作業所、老人ホームなどで働くことができます(参照:臨床発達心理士の資格と仕事について紹介します! | 臨床発達心理士の活躍の場  https://www.jocdp.jp/about/playing-field/)。臨床発達心理士は、あらゆる年齢の発達に関わる幅広い専門家に開かれた資格です。

臨床発達心理士は、人間が生まれ、成長し加齢していく流れの全てにおける発達に寄り添い、その場面場面で必要とされる援助を提供します。主な活躍の場としてよくあげられるのがスクールカウンセラーであり、まさしく発達の過程上で様々な問題にぶつかることが多い、思春期の子どもたちを救い、導く役割りをしています。その他にも、今後時代のニーズに合わせた様々な場所での活躍が期待される仕事ですので、学ぶ価値のある資格です。

容易に取得することができる資格では決してありませんが、注目を集めている資格ですので、学ぶことが出来るスクールや講座も開催されています。興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

人間が生まれてから死ぬまでの成長や発達の過程を心理学の観点から研究する発達心理学は、数ある心理学の中でもより私達にとって身近な内容を研究対象としています。発達心理学で学ぶことができる内容は、仕事に活用することができるだけでなく、家族や友人そして自分自身が何らかの問題を抱えたり、行き詰ってしまったりしたときに上手く対処することができるようになるために活用することも出来る知識です。仕事のために学びたいという方はもちろん、周囲の人や自分自身の人生をよりスムーズに充実させたい人にとっても学ぶ価値のある学問が発達心理学です。

記事 メンタルヘルスコンディショニング講座講師・佐々木幹

佐々木幹

佐々木幹メンタルヘルスコンディショナーⓇ

投稿者プロフィール

株式会社スマイルエデュケーション3代表取締役
一般社団法人ハッピーライフカウンセリング協会代表理事

大手民間スクールで約30年間スクール経営に携わり、販売マーケティングを皮切りに、商品開発室、教務室、学務室、通信教育センターの各部門責任者を歴任

現在は、自身が企画したメンタルヘルスコンディショニング通信講座の資格(メンタルヘルスコンディショナー)を取得し、「Live」「Love」「Smile」をかけ合わせた造語『LiLoveS』をコンセプトとしたハッピーライフカウンセリング協会と、学ぶすべての方の笑顔を目指すSmileCom(スマイルコム)のスクール運営を行う一方で、当サイト(メンタルヘルス情報サイト)の記事執筆を手掛けている。

メンタルヘルスコンディショニング講座はコチラ
https://smile-learn.com/product/

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. メンタルカウンセラー
    メンタルケアカウンセラーの職業とは? メンタルヘルスやストレス、心の病といった言葉をよく耳にするこ…
  2. メンタル心理カウンセラー
    心理カウンセラーという職業とは? 昨今テレビを中心に雑誌等のメディアやスマートフォンなどのアプリな…
  3. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  4. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  5. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  6. メンタルヘルス
    メンタルヘルスに関する資格は「臨床心理士」や「学校心理士」、「臨床発達心理士」、「産業カウンセラー」…
  7. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
ページ上部へ戻る