コミュニケーション障害とは

コミュニケーション障害という医学用語があることをご存知でしょうか。人づきあいが苦手である、人見知りであるという人を「コミュ障」であるということがあります。「コミュ障」という言葉はコミュニケーション障害の略語です。しかし俗称で呼ばれるコミュ障=コミュニケーション障害と医学用語でコミュニケーション障害とは大きく意味が異なります。コミュニケーション障害で悩む人々の中には造語として呼ばれるコミュ障と混同されることによって悩む方も少なくありません。

今回は造語であるコミュ障とコミュニケーション障害の違い、コミュニケーション障害とはどのような病気であり、どのようなことが原因により症状があらわれているのか、その症状などについてお話していきます。

コミュニケーション障害とコミュ障の違い

はじめに、コミュニケーション障害はどんな疾患なのか、コミュ障という造語との違いを交えながらご紹介したいと思います。

コミュニケーション障害はコミュニケーション症群またはコミュニケーション障害群とも言われる医学用語です。対してコミュ障はコミュニケーション障害を元にネット上で生まれた造語、ネットスラングです。コミュ障という言葉はコミュニケーションが苦手な人、得意ではない人に対して利用されることの多い言葉です。コミュ障という言葉は比較的ライトに、軽い表現として使われています。人見知りの人や異性と話すことが苦手な人を揶揄してコミュ障ということもあります。

コミュニケーション障害と医学用語で呼ばれる方は単純に人づきあいが得意でないということでなく、様々な症状を持っています。コミュニケーション障害に代表される症状とはどのようなものなのでしょうか。

 

コミュニケーション障害と症状

コミュニケーション障害は、精神的疾患だけでなく、視覚障害・聴覚障害といった身体的な要因で引き起こされることがあります。コミュニケーション障害というと単にその人の性格による問題なのではないかと誤解する人もいるかもしれませんが、コミュニケーション障害では、実際に医師が「診断名」として使用している病名となり、特定の症状がみられた場合に診断されます。

コミュニケーション障害と紐づけられやすい症状についていくつか挙げていきます。

吃音(きつおん)

吃音は小児期発症流暢症とも言われ、会話途中にいきなり無言になる・単語が不自然に途切れる・どもる・音節や語尾をよく反復または延長するといった症状が挙げられます。このような症状は緊張した場面やストレスがかかるような時に引き起こされやすく、悪化しやすいようです。このような症状は6割から8割の子供が治ると言われていますが大人になっても続く場合は、他の精神疾患または神経損傷が引き起こされていると考え、成人期発症非流暢症と言われるようになります。

言語障害

または言語症と言われ、語彙力が乏しく相手に自分の伝えたいことを伝えるために必要な表現力が足りないことが主な症状です。具体的には、数字や文字配列を暗記することが苦手である、過去の話をなかなか話せないといった症状があります。言語による症状は幼少期には気づかれにくく、成長していくに従って、日常生活の様々な場面に影響を与えることで初めて発見されることとなります。この障害は大人になっても続けて発症することが多いようです。

語音障害

または語音症とも言われ、語音症患者の発音は周囲の人からは聞き取りにくく言葉がうまく発声されていないように感じられます。その原因には、言葉を発声する際に正しい口や舌・呼吸の調節ができないことにあります。また、言葉ごとにどんな響きかわからないことも原因に考えられます。発症の発見は3歳ごろか可能とされており、約10歳までには正常の発音が可能とされています。

社会的コミュニケーション障害

この障害は単純なコミュニケーションだけでなく、日樹生活においてのコミュニケーションが難しいと感じる障害です。コミュニケーションが容易に進まない原因は様々です。

・ジョークや比喩表現、謙遜などを文面通りに受け取ってします。相手の話していることの本意を上手にくみ取ることが出来ない。
・表情や行動などから相手の感情を読み解くことが難しい。
・具体的には挨拶や何気ない会話などでさえも行うことが困難である。
・相手や場面に応じた話し方ができない
・場所や状況、TPOに合わせた振る舞いが出来ない。決められたルールに従うことが苦手である。

社会的コミュニケーション障を患っている人は、コミュニケーションの失敗を恐れて社会との関わりを徐々に避けるような傾向があります。

コミュニケーション障害の発症年齢は幼少期から学生時代が多く、その症状によって対人関係を構築や学業において苦労する患者も少なくありません。コミュニケーション障害は独立して発症するだけでなく、他の疾患と併材することがあります。また、この疾患をさらに難しくしているのが、患者自身がこの疾患によって、自身の症状、苦しみを他者に伝えるのが困難であるということです。そのためコミュニケーション障害では、対処が遅れやすく一人で悩む期間が長い傾向があります。例として挙げた症状が表れたからといってすぐにコミュニケーション障害という診断が下るわけではありません。診断には総合的な判断が必要となりますので、必ず専門の医師にかかるようにしましょう。

コミュニケーション障害と診断について

コミュニケーション障害を疑われた場合どのようにしてすればよいのでしょうか。児童相談所や保健福祉センターなどでの相談がきっかけとなることもあります。かかりつけ医はもちろんですが、科目では耳鼻科で相談してみるのも1つの方法です。

病院では発達段階に応じた会話ができているか、会話の性質ややりとりについて注意深く観察が行われています。症状に加え、患者の精神状態にも着目した問診が必要となります。

コミュニケーション障害の治療

コミュニケーション障害の治療にはいくつかのアプローチ方法が知られています。代表的なものとしては、薬物療法と精神療法の2つです。薬物療法では、コミュニケーション障害の完治でなく、症状の緩和し、患者の不安や興奮を鎮めるといった観点が大きいようです。患者自身はコミュニケーション障害の症状により、日常生活の中で大きなストレスを抱えながら生活をしていることとなります。うつ病といった二次障害を引き起しやすいこともコミュニケーション障害の特徴です。薬物治療ではこれらの問題についても対処を行っていきます。2つ目の精神療法では、認知行動療法が用いられることが多い傾向があります。認知行動療法とは、物の見方や捉え方といった人の認知機能にフォーカスを当て、働きかける療法です。訓練により日常生活での負担を軽減することを目指します。具体的には、患者が人と接する上でこれらの症状によってストレスを受けていることに気づいてもらうこと、ひとつひとつの問題について適切な解決方法を模索していくこと、現時点でなにが出来、何が出来ないのかについて考えてもらいます。コミュニケーション障害ではこれらの治療のほかにも、言語聴覚士のもとで発声や言語能力のトレーニングを行うことも有効であるといわれています。

まとめ

症状の重度によって異なりますが、コミュニケーション、主に話し方や認知の方法の基準は人それぞれであり、個人の症状や精神的な負担は患者によって異なります。人間関係の構築方法については人それぞれであり、過度に周囲と比べることで劣等感を感じる必要もないのです。自身にあった対処方法や処置を行うことで症状が大きく改善する場合も少なくありません。

コミュニケーション障害についてはコミュ障という俗称が広く知られていることで、誤った認識が世間に広がり、本当の症状に悩む人々がヘルプを出しづらい環境にあるという問題があります。症状についての正しい知識を身につけること、理解することは精神疾患により悩む人達の支えとなります。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  2. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  3. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  4. 臨床心理
    心理学は心の動きを学ぶ学問であり、「悩み解決の糸口を見つけたい」や「自分の心の仕組みを知りたい」、「…
  5. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  6. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  7. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…
ページ上部へ戻る