産業カウンセラーってどんな仕事?

女性 ビジネス

職場などで、産業カウンセラーという言葉を耳にしたことはありませんか?近年、ビジネスシーンにおいて産業カウンセラーは注目を集めており、欠かすことのできない存在となってきています。精神的な問題を取り扱う仕事や資格は、ストレス社会と言われる現代社会において、非常に増えてきておりまた重要視されてきています。その中で、産業カウンセラーとは一体どのような特徴のある仕事なのでしょうか?実際にどういった仕事をしているのか、どのような場面で活躍することができるのか、そして産業カウンセラーになるためにはどうしたら良いのかなど、ご紹介していきます。

産業カウンセラーとは何か

産業カウンセラーとは、主に企業で働く人や組織を対象にカウンセリングを行う資格です。簡単に言うと、働く人々を支援するカウンセラーであり、心理学的な手法や考え方を用いて、働く人たちが抱える心の問題を自分自身の力で解決できるように援助をしていくことを仕事とする人々です。例えば、仕事や職場内での人間関係や労働環境によって起こるストレスや精神的な問題に関する相談に関しては、相談者の意見に耳を傾け、適切なアドバイスを送ります。

また、仕事を通しての自分自身の生き方の設計や仕事において自分がこれからどうなって行きたいかというキャリア形成に関する不安、会社自体や人事制度への不安などに対しては、働く人が自分自身で問題を解決し仕事に正面から向き合っていき、自分の仕事における今後の設計をきちんと行い、それに向けたキャリアアップを行っていけるようにアドバイスをして援助していく、という役割を担っています。

景気が非常に不安定であり雇用も安定せず、また人々のストレス耐性も弱くなってきている現代社会において、働く人は職場で多かれ少なかれ何かしらのストレスを感じているのでいる人も多いので、職場での人生を有意義で充実したものにすることは容易なことではありません。悩みを抱え、思い悩んで仕事を辞めるという選択をせざるを得なくなってしまう人も本当に多くいらっしゃいますし、自分のこれからの仕事に不安を感じ、キャリア形成に悩み苦しみながら働く人も非常に多いです。

そのような精神状況で行う仕事は、決して良いパフォーマンスが発揮できるものではありません。これは働く人にとっても、企業にとってもよいものではありません。これらを解決し、良い方向へと導いていくことが産業カウンセラーの主な仕事と言えます。企業も、自社の環境を向上させ、社員のパフォーマンスを上げて会社全体のパフォーマンス向上のために、非常に重視している存在ですので、今後ますます産業カウンセラーの需要が増えてくる存在となるでしょう。”

どのような場所で活躍できるのか

ビジネス ヒアリング
産業カウンセラーはその名の通り、産業社会つまり職場においてなんらかのストレスや精神的な問題、悩みを抱えた人々の話を聴き、問題の解決へと迎えるよう援助していくことが主な仕事となります。そのため、主な仕事場としては一般的な企業や職業安定所などの行政機関などがあげられます。職業安定所などでは、精神に障害のある方などの就職相談や心理的なカウンセリング、あるいは、職業安定所の開く就職支援セミナー等の運営や進行などが主な仕事となっていきます。

一般企業の場合、人事担当者や教育担当者、総務担当者などが産業カウンセラーの資格を取得し、兼任していることが多いです。このような場合には、産業カウンセラー単体としての求人はありません。その理由で実際のところ、産業カウンセラーは仕事としてまだ企業に浸透しきれていない部分があります。しかし、職場における精神的な問題やストレスを感じる人、仕事内容や自分の将来設計において不安を感じる人などが非常に多い現代社会において高い需要があり、同じようにメンタル面の問題を取り扱う資格の中では、より現実的で、実践的な資格であると言えるでしょう。

社員全員がストレスなく働くことが出来るような環境を提供することは、企業にとって大切なことですし、職場の人間関係でストレスが溜まり悩んでいる方が年々増えているため、社員の心の問題のケアをすることはとても重視されています。そして、近年企業が行っているリストラによる雇用の不安定化や、インセンティブや成果主義による昇給制度の導入など、働く人に心身的なストレスを与える、厳しいものが多くあります。

これらのストレスは、生産性の低下へとつながり会社全体に関わる大きな問題に繋がってしまうこともあります。そのため、職場のストレス対策と個人のストレスを上手く緩和することへの援助が必要不可欠です。産業カウンセラーは労働者の精神面における健康の維持や向上に貢献していますので、今後ますます注目を集め、需要も高まってくる資格と言えるでしょう。

産業カウンセラーになるには?

勉強
これから益々需要が高まることが見込まれる産業カウンセラーになるためには、どのようにすれば良いのでしょうか?

まず必要なことは、一般社団法人産業カウンセラー協会が実施している試験に合格して認定資格を得ることです。この資格試験は、大学または大学院で心理学に隣接した諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかを修了している場合、受験することができます。これらに該当していない方であっても認定を受けた養成講座を修了すれば、試験の受験資格を得ることができます。

養成講座では、多くの時間が面接の実習にあてられるようにカリキュラムが組まれています。これは、産業カウンセラーの最も大切な能力とされる傾聴の基本的な態度や手法を習得することを目的としているからです。産業カウンセラー養成講座では、メンタルヘルスの推進や、キャリアカウンセリング、人間関係の開発などに役立つ専門的な知識と技能の習得、そしてこれらの基礎となる傾聴について学び、身に付けることができます。

カウンセリングの種類は非常に多いですが、その全ての根底にあるものが傾聴です。傾聴とは共感と受容で、悩みを抱えた人の話を聴き、話してくれたことに評価や批判することなくただ受け入れて、その思いに寄り添い共感していくことを言います。こうすることで、心を開き安心して話をすることができるようになり、問題を解決する糸口を見つけられるようになります。この傾聴を出来るか出来ないかが、産業カウンセラーとして実際に悩みを抱える人を救えるかどうかに関わってきますので、傾聴をきちんと習得出来る講座やスクールを選ぶことが重要です。

傾聴は、実際に経験を積んでいくことで身に付き、教科書で勉強するだけではなくより実践的に面接実習や体験学習を行う講座を通して、より高い力が身につけられます。傾聴の力をマスターすること、基礎的な知識を学び資格試験に受かること、この2点が産業カウンセラーになる為に最低限必要な条件となっています。

ストレス社会と言われることの多い現代社会において、大きな問題となるのが働く人々の心の問題です。企業がより円滑に成り立ち、良いパフォーマンスを発揮して成果を残す為には、職場環境の改善と働く人々の充実感や心のケアが非常に重要です。しかし、実際には何かしらのストレスを抱えて苦しんでいる人が多くいます。これらの人々の苦しみを解決へと導き、企業全体、そして社会全体をより上質なものにしていくためにも、産業カウンセラーは今後益々活躍が期待される仕事です。養成講座を受けることで、基礎知識や傾聴の手法などをしっかりと見につけることが出来るので、志す方は、要請講座の受講を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  2. メンタルヘルス
    メンタルヘルスに関する資格は「臨床心理士」や「学校心理士」、「臨床発達心理士」、「産業カウンセラー」…
  3. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  4. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  5. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…

おすすめ記事

  1. 不規則な生活
    健康な体を守るには「不規則な生活を改善し、規則正しい生活を守ることが大切である」という言葉を耳にした…
  2. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  3. うつ病は、自分では気づかないうちになっていることも多い病気の一つです。自分から病気の経験を口にする人…
  4. メンタル心理カウンセラー
    心理カウンセラーという職業とは? 昨今テレビを中心に雑誌等のメディアやスマートフォンなどのアプリな…
  5. リス 蓄え 食事 家
    ローボールテクニックという手法をご存知ですか?心理学を利用した手法というのは、社会の中に非常に多く存…
  6. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  7. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
ページ上部へ戻る