ストレスはアロマテラピーで解決

日々の生活の中でストレスを感じるということは誰にでもあることです。しかしそうしたストレスが大きくなりすぎると心身共に悪影響が及ぶため、近年ではあらゆる分野のマーケットで「癒し」という言葉がキーワードになっているようです。癒し空間や癒しアイテムを探し求めている人は多いと思いますが、普段の生活の中にそうした癒しの要素を増やすことによってストレス解消がしやすくなると感じている人は多いと思います。今回は「癒し」のアイテムとして人気のアロマテラピーによって日頃のストレスを解消する方法を考えてみたいと思います。

■そもそもアロマテラピーとは

アロマテラピーを単純に「良い香りで癒されること」と定義している人は多いと思いますが、いつごろからどんな目的で登場してきたものかは意外と知られていないかもしれません。まずアロマテラピーという単語を日本語にすると「芳香療法」と訳されます。この言葉が登場したのは1928年で、フランスの病理学者のルネ・モーリス・ガットフォセが作った言葉といわれています。

アロマテラピーは香りで脳に働きかけることによってさまざまな効果を得ることができるものだといわれており、柔軟剤やお気に入りの香水の香りを嗅いで良いにおいと感じること以上にアロマテラピーは人間の心と身体に良い効果をえることがあるといわれています。香りには心をリフレッシュさせたり、リラックスさせたりするストレスから解放してくれるような効果があるといわれています。そのためストレスが蔓延している現代社会においては日常生活の中で定期的に気持ちをリフレッシュさせるため方法としてアロマテラピーが注目されています。アロマテラピー先進国はイギリスやフランスといわれています。イギリスでは日本と同じように香りを楽しみストレスから解放するといったリラクゼーション目的で使用されることが多いようですが、フランスでは医療の現場でアロマテラピーが使用されることもあるようで、メディカルアロマテラピーといった言葉がフランスにはあるようです。最近日本でもこのフランスのメディカルアロマテラピーの考え方が注目されているようですが、このメディカルセラピーは直接皮膚などにエッセンシャルオイルを塗布する場合もあるようなので、資格がない人はメディカルセラピーをおこなうことはできないようです。

同じアロマテラピーでもストレス解消のリラクゼーションで使用する場合と治療目的で使用する場合があり、アロマテラピーの奥の深さを知ることができます。

■アロマテラピーではどんな香りを使うのか

心地がいい香りを嗅ぐことによってリラックスできストレスが和らぐのであれば、その方法でもいいかもしれませんが、アロマセラピーで使用される香りはどんな香りでもいいわけではありません。アロマテラピーでは「エッセンシャルオイル」もしくは「精油」という表記があるアロマオイルを使用します。それらのアロマオイルは花や木、葉などの植物から成分を抽出したものとなり、植物が持つ力を凝縮したオイルとなります。アロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルには有名なもので「ベルガモット」「グレープフルーツ」などの柑橘系や「ローズ」や「ラベンダー」などのフローラルな香りのもの、「ユーカリ」や「ティートゥリー」などのウッディ系のもの、「ペパーミント」や「ローズマリー」などのハーブ系の香りがあります。これらのエッセンシャルオイルは香りによって得られる効果は様々ありますが、嗅ぐことで脳にダイレクトに働きかけ、気持ちを落ち着かせてくれたり、気持ちをスッキリさせてくれたりするものが多いです。そのためイライラしたり、悲しい気持ちになったりしてストレスを抱えた時などにアロマテラピーを行ってみるとストレス解消になるといわれているのです。

■アロマテラピーを自宅で行うには

ストレス解消のためにアロマテラピーを自宅で実践してみたい!と思う方は多いでしょう。アロマテラピーを自宅で簡単に行う方法としてはアロマポットまたはアロマディフューザーを使用する方法があります。アロマポットは、アロマポット上部のお皿部分に水とアロマオイルを数滴入れ、それに熱を加えて部屋などで香りを楽しむ方法です。アロマオイルなどを販売しているアロマ専門店などに一緒にアロマポットは売っていますが、最近ではネットでも販売しているところは多いので、気に入るアロマポットを探すのもいいかもしれません。他にはお風呂などで使用する桶などにお湯をはって、その中にアロマオイルを数滴たらして香りを嗅ぐ方法もあります。自宅でストレス解消のためにおこなうことができるアロマセラピーは紹介した方法以外にもありますので、アロマの専門書で調べてみるのもいいでしょう。しかし、アロマテラピーはエッセンシャルオイルによっては取扱いに注意をしなくてはいけないものもあるので、自宅でアロマテラピーをおこなうさいは、アロマオイルを販売しているアロマセラピストに説明を受けていただくのがおすすめです。

■日本でも取得できるアロマテラピストの資格

ストレス解消にも効果があるといわれているアロマセラピーにかかわって仕事をしたいと思うかたもいるかと思います。日本でも本格的にアロマを扱う仕事につきたいと思った場合、取得できる民間資格は色々とあります。現在日本には、アロマテラピー検定というものから、アロマヒーリングセラピストやアロマライフインストラクターという資格を取得することもできます。アロマセラピストの資格は様々なので、自分がこれからアロマテラピーを通してどのような活動をしていくか考えてから資格取得に挑戦していただくのがおすすめです。

アロマテラピストになりたいと思った場合、その資格を取るにあたって専門学校に通って勉強するという方法やスクールや通信講座を用いて勉強するという方法があります。前述したようにアロマ関連の仕事に就くのにアロマセラピーに関する資格が必ず必要なわけではありませんが、本格的にやりたいと思ったら資格を取得しておくと有利になるかもしれません。またアロマテラピーを勉強するにあたっては専門学校ではなくても自宅でアロマテラピーをレッスンしてくれる教室などもあり、そのような教室ではアロマの知識に加えて実際にエッセンシャルオイルを使ってキャンドルやマッサージオイルを作ったりするワークショップを設けているところが場所によってはあります。もし住んでいる近くにそのような場所があるのであれば見学にいくのもいいと思います。インターネット上では様々なアロマテラピストの学校や講座を比較検討できるサイトもありますので、資格取得を目指している方は自分に一番合ったスタイルの勉強方法をここから考えてみると良いでしょう。

また資格を取得するまでではないけど、アロマについての勉強を行いたいと考えている方は、アロマテラピーに関する専門書が多くありますので、本屋さんなどで探して手に取ってみてはいかがでしょうか。アロマテラピーの専門書ではアロマテラピーがストレス解消に効果的な理由から、エッセンシャルオイルの香り別の効果について書かれており、そんなときにどのエッセンシャルオイルを使えばいいかが書いてあるものがあります。

アロマテラピーのエッセンシャルオイルは種類が豊富なので、お気に入りの香りをみつけてストレス解消にもつながるアロマテラピーをご自身の生活に取り入れてみませんか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…
  2. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  3. 成長 発達
    心理学は非常に沢山の分野がありますが、その中でも発達心理学という言葉を耳にした事はありますか?発達心…
  4. メンタルヘルス
    メンタルヘルスに関する資格は「臨床心理士」や「学校心理士」、「臨床発達心理士」、「産業カウンセラー」…
  5. 不規則な生活
    健康な体を守るには「不規則な生活を改善し、規則正しい生活を守ることが大切である」という言葉を耳にした…

おすすめ記事

  1. 臨床心理
    心理学は心の動きを学ぶ学問であり、「悩み解決の糸口を見つけたい」や「自分の心の仕組みを知りたい」、「…
  2. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  3. メンタルヘルス
    メンタルヘルスに関する資格は「臨床心理士」や「学校心理士」、「臨床発達心理士」、「産業カウンセラー」…
  4. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  5. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  6. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…
  7. リス 蓄え 食事 家
    ローボールテクニックという手法をご存知ですか?心理学を利用した手法というのは、社会の中に非常に多く存…
ページ上部へ戻る