ヨガでストレスに勝つ

ゆっくりとした動きをしているヨガは、普段あまり運動をしないという人でも簡単に行うことができ、基礎代謝を上げて健康維持に役立つため、特に女性の間で人気のエクササイズとなっています。さらにヨガには、ストレス解消効果があると言われています。今回はストレス解消に効果があるヨガについてご紹介していきたいと思います。

リラックスができるポーズが適している

ヨガというのは呼吸を意識して、動物に似せたポーズや、特殊なポーズを行うことによって、体と心、魂を鍛え上げていくといったインド発祥の身心鍛錬の方法です。ヨガには様々な種類があり、またヨガのポーズの中で難易度があるので、初心者向けのヨガのポーズなどもあります。そのため体をほぐすことや、代謝をあげることを目的として気軽にヨガをはじめることができるため、女性を中心に人気をあつめています。

ヨガは体以外に心と魂を鍛える効果もあると考えられているため、ヨガを行うことで、ストレスを溜めない体づくり、ストレス解消を行う人も増えてきています。ヨガでストレス解消を行いたい場合などは、呼吸法が重要となります。ヨガで行われる呼吸方法は腹式呼吸と呼ばれ、簡単に説明すると鼻で息を吸っておなかの下腹部を意識しながらゆっくりと息をはきだす方法です。この呼吸法のコツをつかんだら次はポーズです。

基本的にはリラックス効果が得られるポーズであれば、ストレス解消効果も得られると言えるでしょう。誰でも簡単にできるヨガのポーズと言えばあぐらです。ヨガの専門用語ではスカーサナと呼んでいるのですが、ただあぐらをかくだけではなく、いくつかポイントがあります。そのポイントは、基本的には壁を背にして行うことや、しっかりと背筋を伸ばすことです。しかし、スカーサナは膝の調子が悪い人は避けたほうがいいともいわれています。またスカーサナに似たようなポーズに薪のポーズというのもあります。これはスカーサナとよく似ているのですが、片方の足をもう片方の膝よりも少し上辺りに乗せるというポーズです。これらのポーズはいずれもリラックス効果が高いといわれているので、ストレス解消にも効果があるでしょう。

スカーサナのポーズなどに比べると少し難易度が上がるといわれている、イルカのポーズというのもリラックス効果があります。イルカのポーズというのは、うつぶせになった状態から体を持ち上げ、山のような形になることです。腕は前に伸ばして手のひらから肘までを床にくっつけるようにします。お尻が最も上にくるようにして、足の裏もしっかりと床に密着させるようにしましょう。このイルカのポーズにもリラックス効果もあり、それにくわえ腰痛の予防効果もあると言われています。

もちろんこれだけではなく、他にもリラックス効果のあるポーズはたくさん存在しています。リラックスができるということは、当然ストレス解消効果も期待できるので、自宅で行うのも悪くないですが、最初のうちはヨガ教室に通って基礎をしっかりと身に付けておくのがよいでしょう。ある程度慣れてきたら自宅でも簡単にできるようになるので、朝や夜などヨガに集中できる時間を用意してストレス解消も兼ねてヨガを行うといいでしょう。

ヨガを行う時間帯

ヨガ教室に通う場合は、1時間などある程度決まった時間の中でヨガを行います。しかし、自宅でヨガを行う場合1時間という時間を作ってヨガに集中するのは難しいという方もいるかもしれません。ヨガは行うときに呼吸や体、心に集中して行うほうがいいと言われているので、1時間など決まった時間を作ることが難しい人は1日5分、10分くらいから初めて、継続していくことが大切だといわれています。

ヨガは基本的に激しい運動ではないので、多少長い分には問題ありませんが、最初はかなりつらく感じることもありますし、汗もしっかりとかきます。そのため体にある程度は負担がかかるので、無理は禁物です。またヨガを行うのに適している時間帯もあるといわれています。ヨガを行うのに最適な時間帯は、食事を行う前です。さらに効果的と言われているのが、朝ご飯を食べる前に行う時間帯が理想的と言われています。しかし、この時間帯にヨガを行うにもいくつか注意点があります。

朝起きてすぐは体がある程度固まっている状態です。そのため、最初は楽なポーズを行い、徐々に難しくて汗をかくようなポーズを行うのがよいでしょう。ヨガを行ったら30分前後の休憩を取り、それから朝食を取るのがベストです。このような点に注意すれば、朝ご飯を食べる前のヨガは理想的です。しかし、働いている方や主婦の方など朝の時間帯はとても貴重で、ヨガの時間を作ることは難しいかもしれません。

そんなときには別の時間帯にヨガを行っても問題はありません。他の時間帯でも効果はしっかりと実感できますし、特に仕事でイライラして帰宅したときなどはストレス解消にとても効果的です。しかし、ヨガをおこなうのに食後すぐは適しておらず、食事をしたら2時間以上経過してから行う必要があります。また、風呂から出てすぐにヨガをするのもおすすめできません。また寝る前もあまり適していませんので、夜に行う場合にはこれらの注意点を守って時間帯には気を付けましょう。

ヨガのメリットはたくさんある

ヨガのメリットはたくさんあります。例えばダイエットにも効果的ですし、筋力の衰えを解消することや、新陳代謝を上げることにも効果があるといわれています。またヨガは、自分のペースで行うこともできますし、柔軟性を高める効果もあり、場所を選ばないというのもメリットだと言えるでしょう。そんな中でもストレス解消の効果があるのが、ヨガを行うことの大きなメリットだと言えます。

ヨガを行うにあたって必要なのはまずはどのような目的でヨガを行うのかを明確にしておくことです。ストレス解消を目的に行うのであれば、リラックス効果が得られるポーズを中心にヨガをおこなうことがいいかもしれません。またヨガを行うにあたっては、正しい呼吸方法や正しいポーズを取るとこで効果をより高めることができるので、可能であれば信頼できるヨガ教室に通って先生に習うのがよいでしょう。そうすれば正しいポーズができます。

もしヨガ教室に通うのが難しい場合は、ネット上でヨガの講師が動画を配信しているので、そのようなものを参考に行うといいでしょう。しかし、インターネット上にはいろいろな情報があるので、1つの情報だけを頼りにしていると、間違った情報を信じてしまう可能性もあります。そのためインターネットなどを利用してヨガを学ぶ場合は、複数のサイトから情報収集行いましょう。

ヨガは自宅でもできますし、スペースがあればどこでも行うことが可能です。ポーズにもよりますが、海岸の砂浜や公園などの外でできる種類もあります。このようにヨガにはいろいろなメリットがあるのですが、注意点だけはしっかりと守るようにしましょう。そうしないと体調を崩してしまう場合や、体を痛めてしまう可能性があります。そうなっては本末転倒になります。ポーズはストレス解消を目的にしているからと言って、全てリラックス効果が得られるものを選ぶ必要はありません。他のポーズも色々組み合わせて、自分が心地よくできるようにヨガをしていきましょう。

ストレス解消を目的にヨガを行う人も近年では増加しています。ヨガは、健康にもいいといわれ誰でも簡単に始められるので、女性だけでなく男性でもヨガを生活に取り入れている人は多いです。ヨガは、時間とスペースが確保できればすぐ行うことができるので、比較的自分のライフスタイルに取り入れやすい健康法であるともいえるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. メンタルカウンセラー
    メンタルケアカウンセラーの職業とは? メンタルヘルスやストレス、心の病といった言葉をよく耳にするこ…
  2. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  3. 不規則な生活
    健康な体を守るには「不規則な生活を改善し、規則正しい生活を守ることが大切である」という言葉を耳にした…
  4. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  5. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  6. 成長 発達
    心理学は非常に沢山の分野がありますが、その中でも発達心理学という言葉を耳にした事はありますか?発達心…
  7. うつ病は、自分では気づかないうちになっていることも多い病気の一つです。自分から病気の経験を口にする人…
ページ上部へ戻る