メンタルヘルスと自律神経について

神経

メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経についてもなんとなくわかるけど、実際はよくわからない」「メンタルヘルスと自律神経の関係についてもなんとなく理解しているけど、きちんと説明できない」という方も多いかもしれません。そのような方によりメンタルヘルスと自律神経の知識を深めていただくために今回は、メンタルヘルスと自律神経についてご紹介していきます。

自律神経とは

自律神経とは「交感神経」と「副交感神経」という機能からなる神経で、自己の意志とは関係なく24時間働き、循環器や呼吸器などの私たちの体調などを整えてくれる神経です。また体のバランスが良い状態を保つための神経とも言われています。「交感神経」は心臓の動きや呼吸を早めたり、血圧を上昇させたりして体の中の働きを活発にしてくれます。「副交感神経」は「交換神経」とは逆に心臓の動きや呼吸が穏やかにしてくれたり、血圧を下げたり体の中の働きを緩やかにしてくれ、体をリラックスした状態にしてくれます。
私たちが生活を送る中で運動したり、仕事をしたり活発的に活動するときには「交感神経」が強く働き、休憩しているときや、寝ているときなどリラックスして体を休めているときなどは「副交感神経」が強く働いていると言われています。
そのため、「交感神経」と「副交感神経」がバランスよく私たちの体の中で働いているときは、体調も良く元気な状態を保つことができます。しかし、「交感神経」と「副交感神経」の働きのバランスが崩れると、体調もすぐれず元気がなかなかでにくい状況へと体が変化していきます。自律神経のバランスが乱れることによって体に不調が起きやすいと言われている症状としては、「自律神経失調症」や「神経性胃炎」、「過呼吸症候群」などがあります。

メンタルヘルスとは

ストレス
メンタルヘルスと聞いて馴染みのない方は、あまり自分と関係ないワードだなと感じてしまう方も多いかもしれません。メンタルヘルスとは心、精神面の健康のことを指すワードで、メンタルヘルスは心や精神的な病気を抱えてしまった人だけに関係するワードではありません。メンタルヘルスは心の健康を指すので、私たちが普段生活している中で受けるストレスなどによって少し心のバランスを崩してしまったときにも、メンタルヘルスは大きくかかわってきます。そのため、私たちにもメンタルヘルスは大きく関りがわるワードです。また日常生活の中で受けているストレスや過度なストレスを受けてしまったとき、そのストレスとどうかかわっていくかということもメンタルヘルスを整えるために必要なことです。
ストレスは防ぐことができるものと防ぐことができないものがあるかと思います。そのようなときに多少ストレスを受けてしまってもポジティブな気持ちで、心が健やかに過ごせる状態に持っていくために主に労働者の人を対象に現在は、厚生労働省によるメンタルヘルス対策に関する施策が推進されており、ストレス度を測ったり、職場へ復帰できるような支援を行っている企業も増えています。

自律神経とメンタルヘルスの関係

体調不良
自律神経は体のバランスを整えるための神経なので、自律神経の動きが乱れると、体調がすぐれない状態になりやすいと言われています。また体の働きと心の働きは繋がっているともいえるので、体の状態が好調だと心も健やかで元気な状態になりやすいです。その逆で強いストレスを受けるなどして精神的に疲れを感じたり心のバランスを崩したりすると、自律神経の乱れに繋がります。そして、それがキッカケや原因となり体調を崩してしまうことがあるといわれています。
このようなことから自律神経を整えることが、メンタルヘルスのバランスを保ち、心の健康へと繋がっていくと考えられています。
そのため、メンタルヘルスを語るうえで自律神経の話はさけることはできず、メンタルヘルスと自律神経は切っても切れない関係性にあるともいえます。メンタルヘルスのことを理解していく上で自律神経の働きや繋がりなどを知っておくことは非常に重要となります。

自律神経を整えてメンタルヘルス向上へ

これまで「自律神経とは」「メンタルヘルスとは」「自律神経とメンタルヘルスの関係」についてご紹介してきました。もしストレスなどで自律神経が乱れてしまいメンタルヘルスのバランスが乱れてしまった場合、自律神経はどのようにして整えてメンタルヘルスの状態をいい方向へもっていけばいいのでしょうか。ストレスなどによって引き起こされていると言われている「自律神経失調症」や「神経性胃炎」「過呼吸症候群」などの症状がでてきてしまう前に、自宅や近所などで日常的に行える予防方法についていくつかご紹介していきます。

その1:睡眠時間をしっかりとる

自律神経は「交感神経」と「副交感神経」のバランスがうまくとれていることが重要となりますが、その片側となる「副交感神経」は睡眠状態のときに活動的となります。そのため睡眠は自律神経を整えていく上で欠かすことができません。また睡眠には、しっかりと睡眠をとることで体内時計を整えてくれる効果もあります。自律神経を整えやすい睡眠のとり方としては、お風呂はシャワーで済まさず、湯船につかり体を温めます。そして寝る前できれば1時間前からスマホやパソコンを見ないようにします。その理由としては、シャワーだけですませたり、スマホ、パソコンなどをみたりすることは「交感神経」の働きを高めやすいと言われているからです。就寝前に体が「副交感神経」を働らきやすい状態に持っていくことが重要となります。
またお酒を少量飲んだり、部屋の照明を間接照明にして徐々に部屋を暗くしてから就寝したりすることも効果があると言われています。

その2:軽度に体を動かす

普段あまり運動をおこなっていない人は、適度な運動をすることで自律神経を整えることに繋がります。体を動かすことで、体全体の血のめぐりが向上したり、消化器系などの内臓部分が強化されたりします。体の機能が全体的に向上することで「交感神経」と「副交感神経」の働きをバランスよく働かせることができるので、適度な運動は効果的と言われています。

その3:ゆっくり気持ちを整える時間を作る

普段なかなか自分の時間をとることができない、心休まる時間がないといった方は、多少無理をしても「ゆっくりする時間」「心を休める時間」を作るといいと言われています。
「ゆっくりする時間」「心を休める時間」はストレスを軽減してくれる効果もあり、リラックスした状態へと体を持っていくので「副交感神経」を働かせる時間となります。
方法は、人それぞれですが一般的にリラックスすることができるフローラルでやさしい香りの「ゼラニウム」「ベルガモット」などのアロマをお部屋で炊いてのんびりすると効果があると言われています。

その4:自律神経を整えると言われている食材を摂取する

「カルシウム」やすっぱいものに含まれる「クエン酸」、キノコや玄米、海藻類などに多く含まれる「食物繊維」、キムチ、納豆、ヨーグルトなどの「発酵食品」などの食品を採ることによって体が毒素などを排出しやすい状態に持って行ってくれるので、消化器系を刺激することへと繋がり自律神経の働きを高める効果があると言われています。
また食事をするときにゆっくり噛んで食べることによって「副交感神経」の働きを高めることにも繋がるとも言われています。

いかがだったでしょうか。自律神経の乱れやメンタルヘルスが不調になる状況は人それぞれ異なる為、必ず自律神経が整えられて、メンタルヘルスが向上するとは一概に言い切ることはできません。しかし、普段の生活で意識して取り入れていただくとストレスが原因の1つとなるといわれている「自律神経失調症」や「過呼吸症候群」などの症状の予防策と考えられるでしょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  2. 生理になると腹痛やイライラ、経血などのあらゆる辛さが伴います。痛さや辛さなどには個人差があるので、ま…
  3. 臨床心理
    心理学は心の動きを学ぶ学問であり、「悩み解決の糸口を見つけたい」や「自分の心の仕組みを知りたい」、「…
  4. メンタルカウンセラー
    メンタルケアカウンセラーの職業とは? メンタルヘルスやストレス、心の病といった言葉をよく耳にするこ…
  5. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…
  6. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  7. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
ページ上部へ戻る