アルハラに悩んだら

新入社員歓迎会や忘年会などお酒を飲む機会の多くなるシーズンになるとよく耳にするものにアルハラがあります。お酒を飲むことが出来ない人や、飲みたくないと思っている人に上司や先輩などが立場や強い言葉を盾にして無理やり飲ませることをアルコールハラスメント、略してアルハラといいます。アルハラは、精神的な苦痛を与えるというだけではなく、急性アルコール中毒になり死に至るなど、非常に大きな危険を孕んでいます。アルハラのよくある事例や、起こってしまった時にどう対処すべきなのか、アルハラに悩んだときどうしたら良いのかについてお話していきます。

アルハラとは何か

アルハラとは、飲酒を求めていない相手に対しての飲酒に関する言動や行動で、意図的かそうでないかに関わらず、それによって相手に何らかの不利益や不快感を与えて肉体的、精神的な損失を与えることを言います。本人の体質や意思を無視してお酒を飲むことを強要したり、お酒が飲めないということ自体を侮辱したり、暴言を吐いたり、暴力を振るうこともアルハラに当たります。次に、アルハラが起こりやすい環境や具体的な行為を見ていきましょう。

アルハラは、上司と部下などの会社内や、先輩と後輩などの部活やサークルのような上下関係や、部署や部活などへの所属意識の生まれるところで発生しやすい問題となっています。アルハラとして定義されるものとして、主に、直接お酒を飲むことを強要することと、酔った人による周囲への迷惑行動の2種類があります。

1.飲酒に関するアルハラ
飲酒に関するものとしては、上下関係や組織の伝統や通過儀礼などということを元にした飲酒の強要することです。強い圧力をかけて本人が飲まなくてはいけない状況に追い込んだり、一気飲みや早飲みさせたり、などがあります。また大量のお酒やアルコール度数の高いお酒を飲ませる、ノンアルコールと偽ってお酒を飲ませる、飲酒が禁止されている未成年にお酒を飲ませることも含まれます。

2.周囲への迷惑行動
これには、飲みの場で私物を取り上げる、ゲームの強制参加、吐くまで飲むことを強要する酔いつぶし、酔った勢いでセクハラ、酔って暴言・騒音・悪ふざけや衣服を脱ぐなど他人への迷惑が挙げられます。また、お酒が飲めない人に対しても行われます。具体的にはお酒が飲めないことに対する侮辱や暴言、本人の体質を無視して強引に飲み会に参加させる、飲めないことを理由とする仕事上での嫌がらせやお酒を飲めない人に対しての配慮ない行動などがあげられます。

アルハラは精神的な苦痛を与えることはもちろん、肉体的な負担も非常に大きいもので、体質としてアルコールに拒否反応が出る人がお酒を飲んだり、吐くほど大量に飲ませたり、急性アルコール中毒を引き起こすような飲ませ方をすることで、命すら脅かす危険なものであるという認識を持つ事が大切です。

よくある、アルハラのシチュエーション

よくアルハラが見られるシチュエーションとして、会社や部活、サークルなどでの飲みの席があげられます。これらの環境では、上下関係や所属意識、仲間意識が非常に強く生まれるので、お酒を断りにくいという特徴があります。そのため、参加したくないのに付き合いだといわれて参加させられたり、断ることが出来ない状況にさせられたり、勝手に参加することになっていたりと、強制的に参加せざるを得なくなってしまいます。会社でよくあるケースを見ていきましょう。

会社では、上司や先輩などからの圧力によって起こることが非常に多くあります。目上の人から強要された場合、もし断ったらどうなってしまうのか、という恐怖感から断ることが出来ないという人が多くみられます。さらに飲酒の強要もあります。断っても、「まあまあ。」と言われ、お酒を注がれてしまうなんてことはよくある光景ではないでしょうか?そこから無理に飲ませるかどうか、ということがアルハラになるかどうかの境目です。しかし、強要するような言葉をかけなかったとしても、周りの雰囲気で飲まなければいけないと本人が感じてしまったり、注がれてしまったら飲まなければいけないと感じてしまう性格の方もいたりするので、注意が必要です。

サークルや部活などでよくあるケースとしては、集団で言い寄るということがあります。数人で囲んでお酒を飲むことを強要したり、飲むことを強要するようなコールではやし立てたりすることで、盛り上がっている雰囲気を壊してはいけないという思いや、恐怖から断ることが出来なくなってしまいます。また、通過儀礼や伝統として、皆やってきたから、と多量の飲酒を強要されることも非常に多くあります。

このような飲み方は、肉体的な負担も非常に大きく、急性アルコール中毒などの原因になり最悪の場合死亡するケースもあり非常に危険です。飲酒を強要すること以外でも、酔った勢いでセクハラをしたり、暴言を吐いたり、暴力を振るったり、騒音を立てたりと、酔って周囲の人に迷惑をかける行為もアルハラとなりますので注意が必要です。

もしアルハラを強要されたら

勧められたお酒を断ることが出来るかどうかというのは、その人の性格にもよる所も大きくかかわってくるため、どの程度を強要と感じるかは人それぞれです。大人数に囲まれて強要されるなど、自分の力ではどうにもならないことも中にはあるでしょうが、アルハラに対して自分の身は自分で守る、という心構えが必要です。

まず、アルハラを受けないようにするためにできることとして、お酒が飲めないと公言することが大切です。時には「体質的に飲むことができない」というような相手が強制できないような環境を作るのもいいかもしれません。周囲の人に公言しておくことで、お酒を強要してくる人がいたとしても、周囲の人が助けてくれるといったことも期待できますし、飲めないのであれば勧めるのをやめておこう、という抑止力にもなります。

そして、もしアルハラを強要された時のために、お酒を断る言い訳をいくつか用意しておくことも有効です。例として、以前お酒を飲んで救急車で運ばれた、などの過去の失敗の経験を話すこと、今日は薬を飲んでいてお酒を飲めない、ということなどが有効です。また、コップの飲み物を常に入っている状態にしてお酒は注ぎづらい状況を作ったり、万が一飲むように言われても良いようにこっそりノンアルコールのドリンクにコップの中身を変えたり、頻繁に席を移動して被害の対象になることを避けること、イッキ飲みの雰囲気が出てきたら会場の外に出る、などの行動もよいでしょう。

特に若年層は、自分がどれだけお酒を飲むことができるか、という限度を把握していないことが多いので、強要されたまま飲み続けることは非常に危険です。つい盛り上がって羽目をはずしてしまうことも多いのが飲み会の場であり、無礼講ということで通常ならありえないことが起きることもあります。したがって、飲み会の場に参加することになったら、自分の限界までお酒を飲むことは、例え強要されてもしない、自らお酒を飲まされる環境を作らない、きちんと、そしてきっぱりと断るなど、アルハラに対して自分の身は自分で守らなければなりません。

アルハラは、数あるハラスメントの中でもアルコール中毒になってしまったり、最悪の場合死に至ってしまったりと非常に危険性の高いものです。しかし、日本人の性格や、集団を大切にする風土なども相まって、勧められたお酒を断るということがなかなかできなくなり、アルハラ自体は無くすことも難しい問題となっています。しかし、本来お酒を飲むことは楽しいことであるはずで、良いコミュニケーションを生み出す、と言う側面もあります。アルハラの危険性を全ての人がきちんと理解し、お酒を飲むことを強要したりすること無く、その場を皆で楽しむことが出来るようになれば、アルハラは減少していくのかもしれません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  2. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  3. リス 蓄え 食事 家
    ローボールテクニックという手法をご存知ですか?心理学を利用した手法というのは、社会の中に非常に多く存…
  4. メンタルカウンセラー
    メンタルケアカウンセラーの職業とは? メンタルヘルスやストレス、心の病といった言葉をよく耳にするこ…
  5. うつ病は、自分では気づかないうちになっていることも多い病気の一つです。自分から病気の経験を口にする人…

おすすめ記事

  1. 成長 発達
    心理学は非常に沢山の分野がありますが、その中でも発達心理学という言葉を耳にした事はありますか?発達心…
  2. メンタルヘルス
    メンタルヘルスに関する資格は「臨床心理士」や「学校心理士」、「臨床発達心理士」、「産業カウンセラー」…
  3. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  4. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  5. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  6. うつ病は、自分では気づかないうちになっていることも多い病気の一つです。自分から病気の経験を口にする人…
  7. メンタル心理カウンセラー
    心理カウンセラーという職業とは? 昨今テレビを中心に雑誌等のメディアやスマートフォンなどのアプリな…
ページ上部へ戻る