癌とストレス②_がんにならない生き方

人間は「身体」「精神」「魂」の3つで造られている、と言われています。
病気になる、というのはこの3つのどこかがバランスが崩れている警報だと思うのです。
「魂」はさておき、「身体」と「精神」のバランスが崩れると病気になってしまうのは自明の理だと考えられます。
病気も様々なものがありますが、がんはそのインパクトからも最大級のメッセージだと思われます。
僕は2016年9月に「肺がんステージ4」と宣告され、1年生存率は30%、治らない、延命しかできない、と医師から言われました。

その衝撃は今でも忘れません。
現在、僕の癌は奇跡的にほとんど消えていますが、僕が癌になった原因はあるのです。
原因があるから、結果があるのです。

自律神経の考察 がんになる前の生活 がんにならない生き方

僕が考える自律神経


肺がんステージ4を宣告された経験者として、自律神経(「交感神経」と「副交感神経」)について分析してみたいと思います。

身体はとても精妙な「神の贈り物」です。どこかのバランスが崩れると、全体に影響を及ぼします。そして身体はそのバランスを常に取っていくような機能も満載しています。ですので我々人間は大きな病気にもならずになんとか健康を維持しながら生活することが出来るわけです。
我々人間の健康に大きく影響のあるものとして考えられているのは「自律神経」です。「自律神経」とは心臓や内臓などの動きを自動的に整えて最適にもっていくための神経です。自分の意志で心臓の鼓動のリズムやスピードを変えるのが難しいように、それはほとんど自動運転、オートパイロットで動いています。

僕の仕事は研修講師です。研修講師になったばかりのころ、受講生の前に出る直前は心臓がドキドキと普段よりも早く・強く脈打ち、手のひらにうっすらと汗をかきました。緊張状態がこの反応を作り出したのです。研修に慣れてからはこういった反応はなくなりました。これは意思の力でコントロールしようと思っても中々難しい分野です。中には意思の力で一部出来るようになる人も存在するかもしれませんが、それはヨガや座禅などの特別なトレーニングが必要でしょう。

「自律神経」には「交感神経」と「副交感神経」のふたつがあります。「交感神経」とは主に緊張状態の時に活性化し、「副交感神経」リラックス状態の時に活性化します。この二つの神経はどちらか片方が活発化しているときはもう一方が眠ってしまうわけでは訳ではありません。両方が常に活動し、バランスを取りながら活動しているのです。ですから目の前に展開する状態によって、このふたつの神経が絶妙なバランスを取りながら自動運転をしているわけです。逆にどちらかが常に優位の状態になってしまうと、身体のバランスが崩れてしまいます。そしてその状態が長く続けば続くほど身体に負担がかかり、いずれは病気という形によって現象化してしまうのです。ですから病気とは生き方のバランスの崩れの警報でもあるのです。

「交感神経」
「交感神経」とは目の前に危険が迫ったときに活性化します。緊張し、集中し、危険を回避するための機能が発動されるのです。原始時代から人間がサバイバルのために発達させてきた重要な機能なのです。目の前に獣がいて、今まさに襲い掛かってきそうなときにリラックスすることは命の危険につながります。緊張し、手足の末端は怪我して出血しやすいので血管を吸縮して出血のリスクを減らします。ですので緊張すると手足が冷たくなるわけです。血液中の白血球バランスも変わります。ウイルスや細菌を退治する顆粒球と言われる白血球のバランスが一気に増加します。そして体内にそれら異分子が侵入するのに備えるわけです。具体的には先ほどの心臓の鼓動がありますが、他にも小腸や大腸の働きにも大きく影響します。交感神経が優位になると腸内の蠕動運動が小さくなり、消化が悪くなります。身体の全機能をサバイバルモードに切り替える、それが「交感神経」なのです。

「副交感神経」
しかし、弓を強く引きすぎているといずれは弦が切れてしまうように、常にサバイバルモードでいるとバランスが崩れ、体調がおかしくなります。緊張や戦いでダメージを負った身体を修復しなくてはなりません。それが「副交感神経」モードなのです。
「副交感神経」優位ですと心臓の鼓動はゆっくりと脈打ち、小腸や大腸もスムーズに動くために食べ物の消化もよく、便秘にもなりません。また血液中の白血球の割合も顆粒球が減り、リンパ球が増えます。リンパ球は免疫力をつかさどります。体内に発生する癌細胞などを退治するのはリンパ球の仕事なのです。つまり、リンパ球の割合が減ったままの生活をしていると、毎日5000個誕生すると言われている癌細胞に対して対応が出来ない状態になってしまうのです。こうして癌細胞が徐々に増え始め、いずれ大きな塊になって発見されてしまうのです。

また、白血球の顆粒球は寿命が短いと言われています。交感神経優位で多くの顆粒球が血液内に存在していると、多くの顆粒球はどんどん生まれては死んでいきます。そして
死ぬときに活性酸素を発生するのです。つまり、緊張状態がずっと続くと体内に多量の活性酸素を作り続けることにものなってしまうのです。これも癌の原因と考えられています。
生き残る手ために発達させてきたサバイバルモード、交感神経は、もろ刃の剣なのです。

がんになる前の僕の生活

僕は前述の通り研修講師としてほぼ毎日研修を行ってきました。毎回初対面の人たちの前で話をします。20~30人、多い時は350人以上の時もありました。受講生たちは僕をいっせいに見て思います。この人はどんな人なんだろうか? この人の話すことは役に立つのか? 講師は受講生から判断され、審判されます。慣れてきたとはいえ、緊張します。きっと僕の自律神経は「交感神経」優位になっていたことでしょう。

また、僕は研修講師の仕事が終わってからボクシングジムでトレーナーをして、プロボクサーを指導していました。担当していた選手は3人でした。プロの世界は常に「勝つ」か「負ける」かの二つに一つ。特にボクシングという競技はその明暗があまりにもはっきりしています。勝者は光り輝くリングの上で観客の歓声をあびながら勝利の雄たけびを上げ、敗者は血まみれでリングに横たわる。そんな世界です。しかも1回の敗戦が選手のボクサー人生を大きく左右します。つまり毎試合絶対に負けられないのです。これはかなりの緊張状態です。僕は選手を3人担当していましたから、1年じゅう誰かの試合が決まっている状態でした。一人終わっても、次の試合が待っている。常に試合が決まっている。常に緊張状態、サバイバルモードでした。ゆったりとリラックスなど、出来ませんでした。そもそも僕は「交感神経」優位な刺激が楽しかったのです。

しかし「楽しい」のと「健康」とは違うのです。僕の健康のバランスは徐々に崩れていきました。10年以上講師とトレーナーの二足のわらじを履き続け、僕は癌になりました。

がんにならない生き方

「がんにならない生き方」とはバランスです。交感神経と副交感神経のよいバランスを意識することです。仕事を含め、交感神経を活性化させる出来事は毎日たくさん起きます。これは現代社会に生きる我々にとって仕方のないことです。しかし、だからこそ副交感神経の修復モードを意識的に使うことが大切になります。リラックスタイムを必ず作ることです。

副交感神経を活性化させる方法はたくさんあります。一番手軽にできるのは深呼吸です。腹式呼吸と言われる方法で行うと効果的です。大切なことは呼吸しているときに身体に入ってくる空気に集中することです。鼻腔の中に流れ込んでくる空気の冷たさを感じる、そこに集中する。すると余計な雑念が消えます。そして腹に入った空気を感じる。そして吐き出すときにまた空気を感じる。この一連の深呼吸を5回するだけで大きく違います。

40度程度のお湯にゆったりと20分以上入るお風呂もお勧めです。あまり熱いと逆に交感神経が活性化してしまうのでこのくらいが適温と言われています。ぬるめのお湯に適度に入ると血液中のリンパ球があっという間に増えることも実験で分かっています。
また、自分で出来るストレッチやマッサージを受けるなど、方法はたくさんあります。

ぜひとも自分の身体をいたわって、副交感神経を活性化させて病気を予防しましょう。

刀根 健

刀根 健コミュニケーショントレーナー、兼コンサルタント

投稿者プロフィール

コミュニケーショントレーナー、兼コンサルタント。
TA理論を中心にコーチングスキルやメンタルヘルス研修、リーダーシップ、マネジメント、人事制度の改革等のコンサルティングを得意とする。

指導実績:2万人超のカウンセリング指導実績

主な企業研修先:研修先実績
(官公庁ほか)
国土交通省、経済産業省、防衛省、科学技術振興機構、東京都教育庁、東京都都立病院経営局、東京都保健医療公社、千葉県水道局、千葉県保護観察局、全国社会福祉連合会、栃木県社会福祉協議会、栃木県ケアマネージャー協会、中小企業大学校、国土交通大学校、宇都宮大学、聖徳大学、千葉工業大学、町田第一小学校、宮前小学校、市川商工会議所

(企業)
ソニーセミコンダクタ、NTTドコモ、NTTソルコ、NTTソフトウェア、NTTメディアスコープ、ドコモモバイル、新日鉄住金化学、ジャパンネット銀行、三菱化学物流、東芝労働組合、住友電装、イオンイーハート、不二建設、積和不動産、積和管理、三愛石油,多摩都市モノレール、岐阜信用金庫、創英国際法律事務所、大阪ガスエクセレントエージェンシー、東京建設業協会、ブレインコンサルティングオフィス、、東光、みつばスターチャイルド、和光建材工業、日本プロテック、富士産業、ゴールドトラスト、ラ・アトレ(株)、ハイブリッジ、ベガスベガス

(病院ほか)
神奈川県看護協会、千葉県看護協会、岐阜県看護協会、富山県看護協会、看護部長会湘南支部、自治医大さいたま医療センター、東京医大病院、北里大学病院、北里大学東病院、北里大学メディカルセンター病院、東海大学病院、東海大学病院大磯病院、埼玉医科大学病院、兵庫県医科大学病院、千葉県がんセンター、公立昭和病院、富山県立病院、井の頭病院、篠ノ井総合病院、関東・中部労災病院、北陸地区労災病院、東京労災病院、千葉労災病院、青森労災病院、東北・北海道労災病院、香川労災病院、北海道労災病院、茅ヶ崎市民病院、稲城市立病院、牧田総合病院、済生会本部、済世会病院、済生会富山病院、東京共済病院、関東中央病院、甲府城南病院、ペガサス馬場記念病院、三愛蘇我病院、知多厚生病院、平山病院、洛和会、余目病院、育成会横浜病院、、春日部秀和総合病院

主な著書:快適な人間関係を築く『ストローク・ライフのすすめ』(フォーメンズ出版)

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  2. うつ病は、自分では気づかないうちになっていることも多い病気の一つです。自分から病気の経験を口にする人…
  3. 臨床心理
    心理学は心の動きを学ぶ学問であり、「悩み解決の糸口を見つけたい」や「自分の心の仕組みを知りたい」、「…
  4. 成長 発達
    心理学には非常に沢山の分野がありますが、その中でも発達心理学という言葉を耳にした事はありますか?発達…
  5. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  6. 生理になると腹痛やイライラ、経血などのあらゆる辛さが伴います。痛さや辛さなどには個人差があるので、ま…
  7. メンタル心理カウンセラー
    心理カウンセラーという職業とは? 昨今テレビを中心に雑誌等のメディアやスマートフォンなどのアプリな…
ページ上部へ戻る