ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Attention Deficit Hyperactivity Disorder) をとったものです。

ADHDは神経発達症の障害と言われており、子供から大人に成長すると表面上見える多動性や不注意、衝動性などが目立たなくなったり、問題行動が矯正されたりすることもあるため、これまでは大人になれば問題がなくなる障害であると思われてきました。しかし実際には大人になっても、なお社会生活で辛い思いをしている方が多くいらっしゃいます。最近になってようやく少しずつ理解されるようになってきたADHDの症状や対処方法、上手な付き合い方をご紹介します。

ADHDの症状とその特徴

ADHDは、自閉症、アスペルガー症候群などと同じように発達障害者支援法で定義付けられた発達障害の1つです。ADHDとは目に見えない脳の障害で、一見しただけでは障害を抱えているようには見えません。また、知的障害を伴っていないことも多く、できることもたくさんあるので、ミスが多いとか、やればできるのにやろうとしない、などと言われてしまうこともあります。ADHDの大きな症状は、不注意、多動性、衝動性の3つに大きく分けられます。

不注意の症状とは、忘れ物が多く物をなくしやすい、集中力が続かない、気が散りやすい加えて、興味のあることに対しては集中しすぎて時間の切り替えが難しい、片付けや整理整頓が苦手で、何かをやりかけたままほったらかしにしてしまうことが多いなどが挙げられます。多動性は、じっと座っていられず貧乏ゆすりなどそわそわと動いてしまったり、静かにするべきところで静かにしていられなかったり、過度におしゃべりが続いてしまうというのが特徴です。最後の衝動性は、順番が待てず、気に障ると乱暴な言動をしたり、人の行動を邪魔し、さえぎって自分がやってしまったり、会話の流れを無視して思いついたときにすぐに発言してしまうなどがあります。

さらに、ADHDは多動性・衝動性優勢型、不注意優勢型、混合型の3つのタイプに分けられ、多動性・衝動性優勢型は比較的に男の子に多く、不注意優勢型は女の子に多い症状とされています。混合型は多動性、衝動性、不注意の全ての症状が混ざってあらわれるタイプで、約80%が混合型のタイプです。早期のうちに発見されやすいものの、アスペルガー障害と症状が似ているため、判断が難しい場合もあるようです。

ADHDの症状を抱える方は、子供の頃から症状が続き、大人になるにつれて多くの方はそれぞれ工夫や対策をして生活をしていますが、大人になっても状況の改善がうまくいかず、辛い思いをしながら生活している方も少なくありません。また落ち着きがなかったり、忘れ物が多かったりなどの行動は子供の頃にはADHDでなくてもよく見られるため、症状に気付かないまま大人になってしまい、その後も自分自身がADHDだと知らずに生活している方もいるようです。

子ども・大人別ADHDの対処法

ADHDには集中力が続かず、じっとしていることが困難で、考えるよりも先に行動してしまうという症状です。忘れ物や簡単なミスが目立ったり、授業中など落ち着いてじっと座っていられないでいたりという症状は、小学生くらいまでの小さな子どもであれば良く見られる行動で、ADHDと判断しづらいことが多く、「大人になれば落ち着くだろう」と思われてそのままになってしまっているケースも多く見られます。

ADHDは発達障害の一つで、ある意味、その人が生まれ持った特性とも言えるため、治療しても根本的に治るというものではありません。症状をよく理解し、上手く付き合っていくことで社会生活に支障が出ないようにするというのが主な対処方法となります。ADHDの方の中には、子どもの頃からずっと症状に悩まされている人もいます。、わかってはいても忘れ物や簡単なミスをしてしまって周りの人から怒られたり、状況を省みず発言や行動をしてしまい、周囲の人たちから距離ができ、うまく人間関係を形成できないことがも多いのです。

ADHDの症状で悩まれている方は、まず心療内科など専門の医療機関での診断を受けましょう。子どもの場合は、5分や10分など小さな目標をこまめに与え、じっと席に座っていられたら積極的に褒めてあげましょう。あらかじめ、注意しておくべきことを伝えてから行動させることによって、簡単なミスを少なくすることができます。興味があることから始めて、小さな目標設定をしてあげましょう。

大人になると、子どもの頃よりもADHDに悩まされることが多くなります。子どもの頃には学校や周りの大人たちからのサポートがありますが、社会に出ると周りからのサポートがなかなか得られないということがあります。そのため、自分の症状についてよく理解したうえで、自分で細かく目標を設定したり、しなければいけないことをリスト化したりして、自分なりに思考を整理することが大切です。意識することで簡単なミスや忘れ物を少なくしていくことができると思います。

ADHDと上手に付き合うには

前述の通り、ADHDは子どもの頃に発症していても疑われるケースが多くないため、自分がADHDであることを知らないまま大人になり、辛い思いから抜け出せないという方も多く見られます。大人になるにつれて自分なりの工夫や対策によって何とか生活に馴染んだという方もいますが、まずは病気についてしっかりと理解しなければ、生活の改善は期待できません。

なお、ADHDの症状は人によって異なります。ADHDといわれているような症状で悩んでいるのであれば、まず心療内科などの医療機関で正しい診断を受け、適切な治療を施してもらうようにしてください。そして、自分の症状の特徴を理解し、自分の特性に合った職場や環境に身をおくようにしましょう。症状の中には、日常生活や仕事の面で支障をきたす場合も多いですが、特徴を知っていれば上手く活かせることもあります。

例えば、色々なことが気になって一つのことに集中できないということは、周りのさまざまなことに目をむけ、独特の感性や発想につなげられるということです。また、不注意やミスも、自分の失敗が多いので他人の失敗にも寛容だったりするのも大きな強みではないでしょうか?特に小さなミスや忘れっぽいことはリスト化したり、同僚やチームでのダブルチェックで軽減できたりしますので、ADHDだからと言ってネガティブに考えるのではなく、積極的に能力を活かしていってください。またADHDの方の最大の特徴である、得意な分野や興味があることに対しては集中力が高いまま長時間過ごせるのもぜひ活かしたいところです。得意な分野では簡単なミスも少なくなるため、自分の趣向に合わせた職業を選ぶことによってADHDと上手く付き合いながら強みを活かして生活を送ることができます。

このように、ADHDと上手く付き合うためには、自分の症状を理解し、強みと弱みをしっかりと把握することが大切です。強みを活かせる状況に自分の身をおき、弱みに対して改善するためには、小さな目標を焦らずこまめに達成していくという方法をとりましょう。

前述したように、ADHDは脳の特性のひとつで、怠けや努力不足ではありません。
だから、いろいろなことが上手くできないため、自分を責めたり、落ち込んだりすることも
あると思いますが、気にしすぎてうつ病など二次的な障害を招き入れることがないようにしましょう。

ADHDを正しく理解することで、ADHDをネガティブに捉えるのではなく、良い部分に光を当て、自分の存在にもっと自信を持って、周りに表現して自分の環境を改善していきましょう。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. ストレッチ
    セルフコンディションという言葉を聞いたことはありますか? selfとconditioningを組み…
  2. メンタルトレーナー
    近年注目を集めている職業の1つにメンタルトレーナーという職業があります。 ストレス社会と言われる現…
  3. ストレスケア
    ストレスは万病のもとであるという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 日々受けるストレスは知らず知ら…
  4. メンタルヘルスケア
    メンタルヘルスケアについて学ぶ 近年では大きなストレスにさらされ、心の健康を損ない生活に支障をきた…
  5. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  6. 不規則な生活
    健康な体を守るには「不規則な生活を改善し、規則正しい生活を守ることが大切である」という言葉を耳にした…
  7. リス 蓄え 食事 家
    ローボールテクニックという手法をご存知ですか?心理学を利用した手法というのは、社会の中に非常に多く存…
ページ上部へ戻る