ロールシャッハテストって?

テスト 黒板

1921年にスイスの精神医学者であるヘルマン・ロールシャッハによって考案されたロールシャッハテストは、精神医療や職業の適性検査などで今でも用いられている診断方法です。テレビドラマや映画などでもしばしばロールシャッハテストが行われているシーンがあるため、何となくご存知の方も多いのではないでしょうか。
受検者の深層心理を探るためのテストとして知られているロールシャッハテストがどのようなもので、どんな機関で受けることができるのか、またこのテストでどんなことがわかるのかを詳しくご説明します。

ロールシャッハテストとは何か

ロールシャッハテストとは、スイスの精神分析家であるヘルマン・ロールシャッハによって考案された性格検査の診断方法の一つです。心理学における投影法を用いた検査で、深層心理を探ることができるとされています。
投影法とは、曖昧でルール付けがされていない、回答の自由度が高い設問を出し、回答の内容や何故その回答に至ったかという思考過程から判断して、受検者の深層心理にある欲求や感情、人格を分析するというものです。ロールシャッハテストのほかにもバウムテストなどが代表的です。ロールシャッハテストをはじめとした投影法での人格診断の回答は受検者によって無限にあり、診断の結果を受検者が故意に操作できないという長所が挙げられます。
一方で、ロールシャッハテストは検査側も受検者への回答の解釈が非常に難しく、専門的な知識と経験が必要で鋭い洞察力が求められます。ロールシャッハテストは考案されてから90年以上の歴史があり、日本では1930年代に紹介され、臨床心理の現場で今でも広く用いられている診断方法です。病気や障害の有無を診断するものではなく、性格や人格など内面を理解するためのもので、職業の適正検査や、ストレスの原因を探るためなどに実施されています。
ロールシャッハテストでは紙にインクを数滴垂らして二つ折りにし、それを広げてできた左右対称になったインクの図柄がプリントされたものを見て、何に見えるか、どんな風に見えるか、何故そう見えるかという質問と回答を繰り返すことによって行われます。全部で10枚の図柄があり、内5枚が無彩色のもの、5枚が有彩色です。図柄を見たときの受検者の反応や態度、回答にかかった時間も全て記録され、判断されます。
ロールシャッハテストは面談形式が一般的ではありますが、記述式や感じたことに一番近いものを選ぶというテスト形式もあります。正解が存在しないテストのため、図柄を回転させたり、一部分だけを見たりしてからの回答も可能で、思い浮かばないということも回答になります。面談形式での場合は回答に対して掘り下げた質問をされることもあり、検査時間が2時間以上もかかることもあるようです。

ロールシャッハテストで分かること

女性 寝顔
ロールシャッハテストは、心理カウンセリングや発達相談の一環として、職業の適正検査、資格試験の適正チェックのために用いられることが多いです。
精神面や情緒面に不調をきたしている場合、原因不明の頭痛や腹痛、不眠や過食、拒食などの症状があらわれる場合があります。その際に精神面の問題の有無を探るという目的や、より患者に適した治療方法やカウンセリングを提案するために、患者の深層心理を理解する目的で用いられているのです。テスターは、患者の反応領域や発達基準、決定因、反応内容など様々な角度から見ていきます。実際の解釈は、構造一覧表をもとに解釈します。8種類(感情、統制力とストレス耐性、認知的媒介、思考、情報処理過程、対人知覚、自己知覚、状況関連ストレス)のパーソナリティーの側面をそれぞれに解釈し最終的に纏め、性格を推測しています。
また、発達支援ではカウンセリングや治療の経過で、受検者の内面や思考がどのように変遷しているかを調べるという目的で、一度だけではなく何度もロールシャッハテストが行われる場合もあります。職業の適正診断としては警察官や教員などの採用試験や、一般企業の採用試験でもロールシャッハテストが行われているところもあります。職業における適正診断では受検者が自覚していない深層心理の中にある反社会性や暴力性、衝動性の有無などがチェックされます。飛行機や航空機、自動車の運転免許の試験でもロールシャッハテストを行っていることもあります。
ロールシャッハテストの回答は精神科医や臨床心理士など専門の有資格者が、統計データを基に受検者の人格を判定しますが、受検者の育った環境や文化に大きく影響され、普遍性が欠けているため統計データだけで判断するのは不十分との見方もあり、あくまでも受検者の人間性を理解するための一つの方法として捉えられているようです。

ロールシャッハテストはどこで受けられるのか

ヒアリングシート テスト アンケート
ロールシャッハテストは、実施するのに長くて2時間以上かかる場合があり、回答の解釈も難しく、専門的な知識を要する有資格者の診断が必要です。技術も必要なため、希望すればどこでも受けられるというわけではありません。ロールシャッハテストを行っている機関の多くは精神科や心療内科のある病院か、臨床心理士が在籍している施設で、テストを実施していないところも存在しています。また、ロールシャッハテストを行っていても、医師や臨床心理士がロールシャッハテストの知識と技術が乏しい場合もあります。
テストを希望する場合は、知識と技術が豊富な医師や臨床心理士のいる専門機関を紹介してもらいましょう。紹介してもらうときは、子供の場合は、保険センターや子育て支援センター、児童発達支援事務所、発達障害者支援センター、法務省少年支援センターや児童相談所などがいいでしょう。大人の場合は、発達障害者支援センターや相談支援事務所、障害者就業、生活支援センターなどで紹介してもらいましょう。
ロールシャッハテストは多くの場合、カウンセリングや治療の一環で行われます。そのため、ロールシャッハテストを行っていたとしても、テストのみを受検できるかどうかは施設によって変わります。紹介してもらった機関が、テストのみを受け付けてくれるのかどうか必ず問い合わせるようにしてください。また、診療や治療のためのものであれば保険が適用されますが、特別な理由がなく本人の希望でテストのみを受けたいという場合、保険が適応されないことが多いです。
保険適用の場合と不適用の場合とでは費用に大きく開きがあり、保険不適用の場合、テストを受ける施設によって数千円で済む場合もあれば数万円かかる場合もあります。ロールシャッハテストを受ける場合は事前に確認しておくようにしましょう。ロールシャッハテストの結果は明確に病気や障害の有無を診断するものではなく、医師や臨床心理士との相性も結果に大いに影響するものであるため、テストを受ける際はよく理解した上で信頼できる機関を選ぶようにしましょう。
深層心理の欲求や感情、人格を知ることができるというロールシャッハテストについて、どのように診断されていくのか、どのようなところで受検できるのかをご紹介しました。近年ではロールシャッハテストを使ってインターネットでの簡単な性格診断ができるサイトなども増え、心理テストの一つとして身近なものになってきました。
ロールシャッハテストは精神面、情緒面の治療やカウンセリングで用いられるとは言え、正確に人格を診断できるものではないため、診断結果に囚われすぎず、こんな一面もあったのかという気楽な気持ちで受検されることをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メンタルヘルス記事一覧

おすすめ記事

  1. リス 蓄え 食事 家
    ローボールテクニックという手法をご存知ですか?心理学を利用した手法というのは、社会の中に非常に多く存…
  2. 神経
    メンタルヘルスを語るうえで、自律神経の話は欠かすことができません。「メンタルヘルスについても自律神経…
  3. メンタルトレーナー
    近年注目を集めている職業の1つにメンタルトレーナーという職業があります。 ストレス社会と言われる現…
  4. パニック障害という病気を知っていますか。テレビや雑誌などで有名な人などが、過去にパニック障害にかかっ…
  5. ADHDとは、発達障害の一つで注意欠陥多動性障害という意味の英語の頭文字(Att…
  6. メンタルカウンセラー
    メンタルケアカウンセラーの職業とは? メンタルヘルスやストレス、心の病といった言葉をよく耳にするこ…
  7. メンタル心理カウンセラー
    心理カウンセラーという職業とは? 昨今テレビを中心に雑誌等のメディアやスマートフォンなどのアプリな…
ページ上部へ戻る